L O A D I N G

コラム

COLUMN

2021.07.29
事故物件の定義とは・・?

こんにちは。

今回は、どんな事が事故物件になるのか?そもそも事故物件・訳あり物件の定義とはなんなのか、わかりやすく解説していきたいと思います。

何等かの理由で瑕疵(かし)、すなわち欠陥がある不動産は、必ず買主に告知する義務があります。 簡単に言えば【告知義務のある不動産】のことを一般的に事故物件と呼んでいます。

それらは大きく分けて、次の4種類に分けられます。

  • 物理的瑕疵・・建物の傾きや土壌汚染などがあること。
  • 法的瑕疵・・・建築制限などの法令上の制限を破ること。
  • 環境瑕疵・・・電車の振動や日照被害などのことを指します。
  • 心理的瑕疵・・居住者が自殺した、もしくは殺人事件があった、住人が孤独死したなどといったケースのことを言います。

 

事故物件と一言でいってもこのように多様です。
次回は、それぞれの瑕疵の内容を詳しくご説明していきたいと思います!