L O A D I N G

コラム

COLUMN

2020.02.08
事故物件の定義~物理的瑕疵物件とは?

事故・訳あり物件の種類の中には「物理的瑕疵物件」というものもあり、 建物や土地に物理的な欠陥がある事をいいます。

代表的な例として上げられるのは、

建物の場合、シロアリ、雨漏り、ひび割れ。 土地の場合、地盤沈下、土壌汚染、地中障害物などが挙げられます。

事故物件に限らず、物理的な瑕疵についても告知が義務となります。

長年空き家になっていて、家のメンテナンスをしていないと建物が傷んでしまいます。その結果、シロアリの被害や外壁のひび割れなどでせっかくの家が瑕疵物件になってしまいます。

メンテナンスをするにも費用がかかりますから、ついそのままに…なんてこともあるのではないでしょうか。

このような、建物や土地に問題がある物件を所有されてお困りの方もいらっしゃると思います。

そんなときは、是非一度ご相談ください。